常時雇用する労働者が301人以上の事業主を対象として、「男女の賃金の差異」が情報公表の必須項目となりました。

令和4年7月8日に女性活躍推進法に関する改正が行われ、情報公開項目に「男女の賃金差」が追加されました。

常時雇用する労働者が301名以上の一般事業主に対して公表が義務付けられました。

詳細はリンク先にてご確認下さい。

厚生労働省:男女の賃金の差異の情報公表について

出典:厚生労働省「男女の賃金の差異の算出方法等について」

Follow me!

投稿者プロフィール

平下 研祐
平下 研祐社会保険労務士
30代に入り行政書士と社会保険労務士を取得。
岐阜県内大手社会保険労務士事務所勤務ののち、人事の現場を経験したく1,000名規模の製造業の人事へ入社し労政企画を経験。
一つでも多くの企業に「よかった」を届けるために2022年独立。

家族と日本酒を愛する人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA